工場の求人を残業時間で選ぶデメリット

残業時間の短さは収入の少なさに繋がる

残業時間が少ないことを重視して工場の求人を選んだ場合、収入が少なくなりがちです。収入を増やすためには、残業をして、残業代をプラスにするという方法があります。しかし、残業時間が少ない工場だと、その方法が使えません。残業をしないように厳しく管理している工場では、予想外のトラブルなどによって少しの残業をしてしまっただけでも、注意されることがあります。そのため、臨時収入が必要になった時に残業をして給与を増やしたり、プライベートで暇な時間が増えたため、その時間を残業に充て収入を増やしたりということができないのがデメリットです。収入を増やすためには、工場内でコツコツ地位を高めるか、転職をするかといった、限られた選択肢しかありません。

残業代目当てで残業時間が長いところを選ぶ場合のデメリット

残業代を目当てに、残業時間の長い工場を選ぶ場合もあるでしょう。その際には、収入が急に減るリスクがあるというのがデメリットです。工場の残業は常にあるとは限らず、繁忙期や大きな受注を得られた時だけ、残業ができるというところもあります。そして、仕事が減ったため、残業が一切できないということにもなり得ます。そうすると、残業代は当然入らないので、収入が少なくなってしまいます。

また、しっかり残業できるところを探すということは、残業があって当然の状態となっている工場を探すこととなります。そうすると、みなし残業が基本給の中に含まれている工場が見つかりやすいです。その場合は一定の時間残業しなければ、残業代が追加されないので、収入増加になりにくいです。

工場の求人を探す時は、寮費無料に絞ってみるのも一つの方法です。自分で賃貸物件を借りる必要がないので、働いた分だけしっかり貯蓄にまわせます。

Back to Top