工場の求人を残業時間で選ぶポイント

残業時間からわかること

シフトで管理されている工場の仕事に関しては原則として残業がありません。ただし誰かが急に休んだ場合は、減少した労働力をカバーする必要があるため、他の人が残業を迫られるケースがあります。一般的に見れば工場は定時で終わる職場が多いと言われていますが、これは労働力が十分であるかどうかで変わります。 工場の求人を見たとき、残業時間が多い案件は労働力が不足している可能性大です。こうした職場は残業代で稼ぎたい人に適している一方で、誰かの欠勤による影響を自分自身が受けてしまう可能性があります。そうなれば本来の残業時間を超える残業を迫られるかもしれません。このように残業時間を確認すれば、工場の内部事情が見えてくることがあります。

残業と通勤時間の関係

企業の本音としては従業員に残業をしてほしくありません。残業になれば通常の時給より多く支払う必要があり、会社にとってマイナスになるためです。特に大手企業はコストに敏感な傾向があり、残業をしなくても作業が回るような仕組みづくりをしているケースが多いです。管理システムに異常が見られた場合はその限りではありませんが、原則として残業はありません。 残業時間で工場の求人を絞っていくときは、同時に通勤時間も考慮してください。通勤に多くの時間を要すれば、その分だけ身体への負担は大きくなります。残業が多い職場で稼ぎたいという人は、通勤の負担を軽減することを考えてみましょう。自宅からすぐ近くにある工場であれば、残業時間が長くなっても家に早く帰れますし、睡眠時間も十分に確保できるはずです。

Back to Top